ジムニー “ハンター” ついに完成!!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





 
 










 

オープントップではなくピックアップトラックの製作です

ジムニーのトラックと言えば私はSJ40Tという1000ccのトラックを昔、乗っていたことがあります。
現行型のオープントップにカスタムされたクルマは時々見ますが、ピックアップトラックにカスタムされたJB33Wはまだ無いのでは?
と、言うことで今回はピックアップトラック挑戦です。
オーナーのご注文は狩猟に使う車で、今までもジムニー(JB23W)を使われていたので大きさはジムニーがベストだが、獲物を乗せた時に車内が汚れることと、匂いがきついとのことで、獲物を乗せやすく、掃除がしやすく、走行性能も上げたいとのことです。
ハイ!無敵の狩猟用ジムニーをつくらせて頂きます!
オーナーの許可も無く勝手に「ジムニー ハンター」とでも命名してしまいましょうか。
それでは先ず、ボディーワークから公開です。

 
 
 
 
 
 



 

さあ、ここからどうしよう~かなぁ。

ここまでは簡単なんだけど・・・
さあ、ここからどうしようかなぁ。

 








いいこと考えちゃった!
サニトラのバックパネルを当てて見たらこれがジャストフィット!


とは、いうものの勿論、足したり引いたりはしないと。




これは室内から見たところです。
 


左側だけ少し形になってきました。



まだ始まったばかり、道のりはまだまだ遠いぞ~。

右サイド

今回は右サイドの製作過程をご紹介させて頂きます。
オーナーさんがキャビン部分を広くして欲しいとのご希望でした。
シートのリクライニングができて、シートの後ろにはちょっとした物を置けるスペースが
欲しいとのことでした。
ということは、ハイラックスのエクストラキャブやダットラのキングキャブのように
キャビンを延長することになります。
そうは言っても荷台が狭くならないように、尚且つ、スタイルも崩したくないし・・・
ルーフから荷台のプレスラインをできる限り自然な形にしなくてはいけません。
う~ん。
考えました。
こんな感じです。ご覧下さい。